関東エリア2拠点目となる東京支店を開設 ニュースリリース

東京支店

2017.04.27 | ニュースリリース

【プレスリリース】 2017年4月27日

「空き家問題」解消に挑戦するアイランドスケープ
関東エリア2拠点目となる東京支店を開設

人工知能(AI)を使った法人向けリノベーションプラン提案システム「ORE(オレ)」の
関東エリアの不動産会社との提携増により東京支店を開設し、関東の中古住宅販売市場開拓を強化


株式会社アイランドスケープ(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:永木武、以下アイランドスケープ)は、横浜支店に続き東京支店を開設、5月1日より営業を開始いたします。中古住宅リノベーションブランド「オレの家」、人工知能(AI)を組み込んだ不動産会社向けプランニングシステム「ORE(Open Renovation Engine、読み:オレ)、以下ORE」の全国展開と共に、システム利用登録をした各地の不動産会社(パートナー/エージェント)とのさらなる連携を目指し、弊社の企業理念である空き家問題解消に取り組んで参ります。

◆「ORE」とは
「オレの家」が提供する人工知能(AI)を組み込んだ不動産会社向けプランニングシステムです。中古住宅の間取りや予算を入力するだけで、誰でも簡単にリノベーション後のイメージパース等を顧客へ提案することができます。従来、建築知識のない不動産仲介会社では実現できなかった「リノベーションプランニング」や「見積もり」の自社での作成を可能とし、物件の即日提案を可能とすることで、付加価値型の中古住宅の流通の活性化に貢献します。

【関東進出の背景】
「ORE」の公開後、東京、神奈川、埼玉等の関東エリアの不動産会社から、利用や登録についての問い合わせが増えており、既存の横浜支店に加え東京支店を開設いたしました。「オレの家」における関東エリアの中古住宅の取り扱い増加へ向けて、現地での耐震診断等、迅速かつきめ細かな対応をしてまいります。

【全国の不動産会社へ向け、中古住宅リノベーション提案を支援】
リーマン・ショック後から新築住宅の着工件数は回復しておらず、対して中古住宅の流通件数は増加傾向にあります。また、「新築住宅の購入を人生の目標」とする従来の価値観に加え、中古住宅の購入への抵抗感が薄まりつつある世間のトレンドもあり、リフォームやリノベーションのニーズは今後ますます増加が見込まれます。これらに向き合う不動産仲介業者の営業ツールとして、「ORE(オープン・リノベーション・エンジン)」を開発しました。
アイランドスケープは、不動産会社へ向けて自動リノベーションプランニングシステム「ORE」を全国公開し、中古住宅リノベーション提案のクオリティやスピードのアップ、耐震診断、インスペクション等をサポートすることで、中古物件紹介・販売の活性化を図り、空き家問題の解決を目指します。

リッチライフを掲げる中古住宅リノベーションブランド「オレの家」とは
戸建てを中心とした中古住宅のリノベーションを行う独自ブランド。「ORE」を用いたリノベーション完成イメージの3Dパース提案や、建築のノウハウを活かした無料の耐震診断・住宅診断を実施しています。また、「住宅購入後の暮らしの充実化」もビジョンに掲げ、新築住宅と比べた場合の「減価償却費への出費抑制」や「住宅ローンのデフォルトリスク削減」等、まだ認知の低い“中古住宅購入ならではの経済的なベネフィット”の浸透を図り、「中古住宅」の価値向上と購入促進を目指します。

【東京支店概要】
住所:〒115-0045   東京都北区赤羽1-13-1 ミドリヤビル4F
TEL:03-5939-9089 / FAX:03-5939-9079
交通アクセス:JR京浜東北線 「赤羽駅」東口より、徒歩1分
営業開始日:2017年5月1日(月)

お知らせリストへClick